赤ちゃんがミルクや母乳を吐くと考えられる原因は?

赤ちゃんが吐くのは生理現象

赤ちゃんというのは何かとよく吐いてしまうものです。
せっかく母乳やミルクを飲ませたのに、横にした途端にゲボッと大量に吐き出してしまったなんていう経験は子育て中に何度も経験します。

赤ちゃんのミルク吐きのために日に何度も洋服や衣類を交換しなければいけないことも多く、吸収力の高いよだれかけや前掛けは欠かせません。

赤ちゃんの胃は大人に比べて周りの筋力が弱く、食道から胃にかけての消化器官にくびれがないほぼ真っすぐな形をしています。

そのため一旦胃に運ばれた液体が逆流をしてしまうということは決して珍しくありません。
授乳を終えて口から乳首を離した途端に、ツーっと飲んだミルクが溢れ出てくることを「溢乳(いつにゅう)」と言います。

授乳が終わったあとには抱きかかえてげっぷをさせてあげるのですが、このときについゲップが大きく出過ぎて一緒にミルクを吐き出すということもあるでしょう。

基本的に、よだれのようにミルクを吐きこぼすのは心配のない吐き方です。
吐いたからといってあまり神経質にとらえず、丁寧に口元をぬぐってあげると共にお腹が減ったら十分にミルクをあげるようにしてください。

「どうせ吐くから」とミルクの量を減らすというのはかえって赤ちゃんの健康状態を悪化させてしまいますので、ある程度の嘔吐は生理現象の一つと割り切るようにしましょう。

また母乳で育てている家庭で赤ちゃんがよく吐くという場合、お母さんの母乳の勢いがありすぎるということが原因のこともあります。

母乳が出過ぎてしまうお母さんの場合、赤ちゃんが吸い込むタイミングと母乳が溢れ出てくるタイミングとが一致せず、胃の中に入りきれない母乳が口元を逆流してしまうのです。

危険な吐き方には十分に注意

しかしその一方で早めに小児科医の診断を受けた方がよい深刻な吐き方もあります。
例えば噴水のように大量に吐き出していたり、嘔吐とともに発熱が伴われているような場合です。

授乳のあとにぐったりしていたり、いつもよりも元気がなく頻繁に吐いているという時には消化器に何らかの病気が起こっていることが考えられます。

またミルクをよく吐く赤ちゃんの体重の変化にも注意が必要です。
頻繁にミルクを吐く赤ちゃんであっても、定期的な体重測定できちんと増加をしているようなら心配はいりません。

体が大きくなって胃腸の形が大人に近くなっていけば、自然と吐くクセは治っていくことでしょう。

しかし頻繁に吐く赤ちゃんで、体重がなかなか増えなかったり、減少をしているような場合には要注意です。

特に授乳後に勢いよく吐き出し、その上体重が増えないという場合には栄養吸収のための機能に何らかの問題があるかもしれません。