こどもが罹り易い「溶連菌感染症」

溶連菌に感染して起こる高熱と発疹

「溶連菌感染症」は別名「猩紅熱」と言われる、子供によくある病気です。
2~3歳くらいから発症が始まり、小学生くらいまで頻繁に罹患をします。

病気の原因は「溶連菌」という細菌が体内に入ることで、特に菌が多く発生する冬期に患者数が増える傾向があります。
しかし夏場に発生する溶連菌感染症もあり、年間を通じて罹患の可能性のある病気です。

もう少し詳しく溶連菌について説明をすると、正確には「A群溶血性連鎖球菌」と言い、上気道感染および化膿性皮膚感染を起こすという特徴があります。

感染が起こると咽頭炎や扁桃炎が起こり、高熱と発疹、いちご舌といった特徴的な症状が現れます。
発熱は38~39度とかなり高温になり、感染が起こってから2~5日くらいの潜伏期間を経てから症状が出始めるというところも特徴です。

溶連菌は子供に多く感染しますが、大人でも罹患する例があるため、もし子供に症状が出たら看病をする家族に感染が拡大しないように気をつけましょう。

全身にできる発疹は赤く細かい模様になり、強いかゆみを伴うでしょう。
治りかけの頃には皮膚表面にできていた発疹の皮膚がボロボロと取れてきます。

その他に嘔吐、頭痛、関節痛といった症状が一緒に出ることも多く、首のリンパ節が腫れてきたり中耳炎が起こったりするのも特徴です。

溶連菌が疑われる場合の対処方法

溶連菌は毎年のように流行をする病気なので、保育園や幼稚園に通っていると学校から注意喚起の連絡が入ります。

感染が拡大する季節では地域の保健所から通知が回ってくることもよくあるので、流行をする季節には外出をするときに感染しないように注意していきましょう。

もし高熱や喉の痛みがあるようなら、早めに小児科に行って診断を受けます。
小児科で溶連菌感染症の疑いがあると診断された場合には喉の細菌検査を行います。

溶連菌感染症であることが確定をしたときには、抗生物質の投与による治療が主です。
具体的にはペニシリン系の薬剤投与で、アレルギー体質のためペニシリンが使用できない場合にはエリスロマイシンという薬で代用されます。

抗生物質を投与することで発熱が抑えられだいたい2~3日くらいで症状が改善するものです。
しかし溶連菌は表に見える症状がなくなってからも体内に潜伏していることが多いことから、自己判断で投薬を中止したり他の人と接触をしたりすると、そこから感染拡大や症状の悪化が起こることもあります。

再発をしてしまうと腎炎やリウマチ熱といったものが合併して起こることもあるため、完全に治ったと医師から診断を受けるまでは指示に従うことが大切です。

高熱が出ると汗を大量にかき、喉の痛みにより食欲がなくなってしまいます。
脱水症状を予防するため、こまめに水分補給をしてあげましょう。