赤ちゃんの「げっぷ」は大切?

赤ちゃんの授乳時のげっぷについて

生後間もなくの赤ちゃんの食事は母乳またはミルクです。
どちらの場合も十分に与えたあとにやってあげなければいけないのが「げっぷ」になります。

赤ちゃんはまだ外界での生活に慣れておらず、体内の機能を自力で適応させることができない状態です。

そのため母乳やミルクを飲んだ後に一緒に胃の中に入ってくる空気を追い出すことができず、気道も狭いことからあとから嘔吐の原因になってしまいます。

頻繁に飲んだ母乳やミルクを吐き出していると、栄養がきちんと体内に吸収されず健康な体に育っていくことができません。

ですので授乳を終えた後には必ずげっぷを出してあげるようにし、後から嘔吐が起こらないようにケアをしてあげましょう。

授乳の方法についてはおそらく分娩のために入院をした産科医院で指導をしてもらえると思いますが、赤ちゃんにミルクを飲ませてからゲップを出すまでが一連の作業とされています。

げっぷを出させるためには赤ちゃんとしっかり肌を密着させることになるので、お腹がいっぱいになった赤ちゃんに安心感と満足感を与えられます。

お母さん以外にも、お父さんや他の家族の方が代理でミルクをあげることもあるでしょうから、しっかり育児をする人全員に授乳の正しい手順を覚えてもらうようにしてください。

げっぷの基本は縦抱きをして背中を叩く

哺乳瓶からミルクを飲む様子を見てもらうとよくわかりますが、飲んでいる赤ちゃんの口元からたくさんの水泡がミルクの中に発生しています。

これは乳首に吸い付いてミルクを飲む時に、一緒に周囲の空気も吸い込んでいるためです。
私達大人も食事をするときに食べ物と一緒に空気を胃の中に送り込んでいるのですが、ちゅうちゅうと吸引しながら食事をする赤ちゃんが吸い込む空気の量は相当なものとなります。

赤ちゃんの授乳が終わったら、まずは哺乳瓶やおっぱいをしまい、赤ちゃんを縦抱きにします。
ちょうど肩のあたりにあごをのせる感じで抱き上げて、そのままの体勢で軽く背中をさすってあげるようにしましょう。

軽くトントンと叩いてあげても上手にゲップを促すことができます。
さすったり叩いたりしてもなかなかゲップが出ないというときは、しばらく縦抱きをしたまま待ってあげるとよいでしょう。

もしどうしてもげっぷが出てくれないという場合には、赤ちゃんを横に寝かせる時に仰向けではなく横向きにしてあげると嘔吐をした場合に気道を詰まらせる心配がありません。

この赤ちゃんのげっぷはコツがつかめるまでがなかなか面倒です。
しかし思うように出してくれないからといって、強く揺すったり叩いたりしてしまうとかえって嘔吐を誘発してしまうことになります。