産後の骨盤矯正のコツ

出産によって骨盤が大きく開く

経産婦であるかそうでないかは、骨盤の形を見ればすぐにわかります。
骨盤は人の体のちょうど下腹の位置にあり、下半身を土台に上半身のバランスをとる非常に重要な役割をしています。

出産を経験しているか否かに関わらず、ほとんどの人は多少なりとも骨盤のバランスが歪んでいるものです。
骨盤が左右に傾いていることを「歪み」といいますが、骨盤に歪みのある人は血行が悪くなったり代謝が悪くなったりとさまざまな悪影響が出てきます。

そんな重要な骨盤が絶大なダメージを受けてしまうのが出産です。
これはまず妊娠中に女性ホルモンの一種「リラキシン」が大量に分泌されることにより、骨盤が緩んだ状態になってしまうことが関係しています。

リラキシンの分泌は出産を迎えた時に胎児が通りやすくするためですが、そこに大きなお腹を支えるために後ろに反った姿勢をしたりする事によって大きな歪みが生じやすくなるのです。

また出産時に大きく膨らんでいたお腹が、出産を終えてからもなかなか元通りにならないということもこの骨盤の歪みに関係しています。

骨盤の位置がずれてしまうと子宮やその周辺の内臓がもともとの位置に収まりにくくなってしまうため、どうしてもお腹が膨らんだ状態になり、いつまでも下腹が大きいままになってしまうのです。

産後太りを防ぐためにも適切な時期からしっかり骨盤矯正をしていくようにしましょう。
骨盤矯正をする時期としては、正常分娩ならだいたい産後1ヶ月目ころから、帝王切開なら産後2ヶ月くらいからがよいとされています。

簡単にできる骨盤矯正の方法とグッズ

骨盤矯正をするときにまず気をつけなければいけないのが、急激に負担をかけすぎないようにするということです。
というのも骨盤周辺を急激に締め付けてしまうと、血行が阻害され悪露をつらいものにしてしまう可能性があるからです。

体を締め付けるような下着や洋服は全般的に出産を終えたばかりの母体には禁止で、できるだけ体内の血行を促進し早めに体力が回復するように代謝を高めていく必要があります。

手軽にできる骨盤矯正グッズとしてはまず「骨盤ベルト」があります。
骨盤ベルトは腰の周りを包み込むようにして巻くタイプのもので、産院で積極的に使用が勧められることもあるでしょう。

有名なメーカーの製品としては、青葉の「産前産後 トコちゃんベルトⅡ」や、犬印「なが~く使えるマタニティベルト」などがあります。

他にも産後ケアグッズで高い評価のあるオオサキメディカルの「ダッコ 産後用骨盤ベルト」なども全国的にユーザーの多い人気商品です。

骨盤ベルトは骨盤全体を優しく包み込むことで腰が冷えるのを抑えてくれるので、産後の健康管理に非常に役立ちます。