ベビー用オーガニックコットンとは?

敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えるオーガニックコットン

ここ最近のエコ&ロハスのブームで俄然注目が集まるようになったのがオーガニックコットンです。
オーガニックコットンとは有機栽培によって生産された天然の綿のことで、市販の石油化合物が用いられた衣類と異なり、肌に刺激が少ないという特徴があります。

NPO法人日本オーガニック・コットン協会によると、「オーガニック・コットン」という名称を用いるためには農産物などの生産方法について定められた基準を守って作られたものと定義されています。

オーガニック・コットンを生産するためには過去2~3年以上そうした基準値以上の生産実績を重ね、認証機関によって認定を受けなければいけません。

生産をするためには農薬や肥料の種類が厳選されており、枯葉剤など人体に危険を及ぼす可能性のある化学薬品類は全て使用禁止となっています。

収穫をされるコットンは一見普通の綿と変わりがないようですが、残留農薬が圧倒的に少なく、製品化されたあとにも厳しい認定審査を受けます。

非常に生産から商品化までの手間がかかるオーガニック・コットンは一般の市販製品よりもかなり割高になりますが、その分品質は非常に高く、長く安心して使用をしていける一枚となるのです。

特に近年では生まれつきアレルギーや敏感肌体質をしている赤ちゃんも多く出産されており、免疫力の弱い赤ちゃんの肌を守るためにも生まれて間もない時期の衣類にはオーガニック・コットンの使用が強く勧められます。

親子で身につけたいオーガニック・コットン製品

オーガニック・コットンは複数の店舗で取扱をしているので、最寄りの雑貨店やインターネット通販を利用をしてみるとよいでしょう。

初めてオーガニック・コットン製品を使用するなら、まずおすすめになるのが赤ちゃん用の下着です。
ベビー用の下着はコットンガーゼで作られているのが一般的ですが、オーガニック・コットン製品は直接肌に触れるときにより安心感があります。

他にもシーツや毛布などもオーガニック・コットン製のものはとても肌触りがよく、眠っているときの汗を吸収して清潔な肌を保ってくれます。

産後間もないお母さんにとってもオーガニック・コットンはとてもおすすめです。
出産をして数ヶ月の時期には体の免疫力が全体的に落ちているので、産前は比較的平気であった肌荒れが頻繁に起こるようになってしまいます。

そこで肌に直接触れる下着や肌着にオーガニック・コットンを用いることで、肌への刺激を和らげ体力回復を早めてくれるのです。

下着の他にもタオルやクッションなどにも用いられているので、出産前から少しずつベビー用品として集めておくのがよいと言えます。